とつとつあいらぶゆー

すきなものはすきっていいたい

姫路市立美術館「永井一正ポスター展」


f:id:radical-holiday:20171119205901j:image

 

朝、起きてふとんでゴロゴロしながら

ネット探索をしていたら

姫路市立美術館での企画展が目にとまった。

 

 

永井一正ポスター展」

 

 

私の好きなデザインユニットさんに

COCHAE さんというグラフィック折り紙などをつくる方がいて、

その方が今回の企画展の手伝いをしているらしい。

 

あ、ちなみにCOCHAEさんのHPはこちら。

http://www.cochae.com

 

 

 

 

姫路美術館は、物心がついてからは

実は行ったことがないんだけど、

 

面白そうな企画展や

ロダンルノアールなど

私でも聞いたことのあるような

著名な芸術家の作品を貯蔵しているときいて、

実はすごい美術館なのでは?!

と、ずっと気になっていた場所。

 

 

そんなすきなひとと

気になっていた場所が

重なったことに嬉しさと

何か勝手に運命的なものを感じて

 

念願のレトロなレンガ造りなあの建物へ

母を誘って行ってきました。

 

 

行ってきた感想としては、

いやー良かった。

 

語彙力のなさをぶん殴りたくなるくらい良い企画展。 

 

 

永井一正さんは、

みんな一度は乗ったことがあるだろう

我らが神姫バスの観光バス(青いやつ)のデザインや

三菱東京UFJ銀行の赤いマークのやつなど

いっぱいデザイン手掛けているひとです。

 

 

 御歳88歳でまだまだ現役でご活躍されていて、

 

今回の企画展はこれまでの時代とともに

変化するデザインや作風を

テーマごとに分けたものになってました。

 

 

初期のころの作品は

コンパスや定規を駆使したらしい

幾何学的な緻密な絵が多くて、

 

ただただ、不器用でおおざっぱな私は

 「すげーな」

という感想しか出てこなかったけど、

 

近年の作品はどちらかといえばそうではなくて、

 

動物やへんな生き物が

 

エジプトの壁画みたいに

まっすぐこっちを見てくる

 

ような少しさみしげな、

不思議な感じのものが多かったんだけど、

人間味があって、個人的にはすきでした。

 

 

 

と、まあこんな書き連ねましたが、

 

恥ずかしながら、永井一正さんのことを

今まで全然知らなかったので、

家に帰って調べたら、

 

 

あのオリンピックエンブレム問題の

黒幕って言われてる方なんですね。

 

 

こんな素敵な作品をいっぱい残しているのに、

永井一正って調べたら

 

「不正」「黒幕」など

 

その問題の悪いことばかり出てきて

なんだか悲しかったです。

 

 

 

でも、同時に

それだけ世間で叩かれているひとでも

 

あんなに力がこもった絵を実際見てしまったら

 

そんな話どうでもいい、

そのひとの人格と作品はべつだ

 

と切り離して考えたくなったし、

むしろ悪いひとに思えなくなったし、

改めてアートの力を感じました。

 

 

 

 

 

 

 

最近、仕事でつらい

って思うことがあっても、

 

音楽きいたり、アート作品みてると

そのひとの苦悩が垣間見えて 

 

 

このひとたちも苦悩して生きてるんやなあ

趣味やすきなものを仕事にするのも

大変やな、

 

と安心する。

 

 

 

素直にすごいと受け止められないのも

つらいけど、それが私の心のガス抜きだ。

 

 

いつか、ただ感動したり、

喜びや悲しみ、

ほかにも色んな想いいっぱい

吸収していきたいな~

 

 

と、ほろ酔い気分で記す。

ブログたのしいな。笑

 

けつだんについて


f:id:radical-holiday:20171107232157j:image

 

私は、「途中で辞める」ことを、

自らの意思でしたことがない。

 

もちろん、ゲームや食べるのを

途中でやむを得なく中断したことはある。

 

そうではなくて、もっと大きな意味で

「辞める」という決断を下したことがない、

ということだ。

 

 

習い事や部活、そしてバイト、

全てキリの良い

 

「卒業」「受験」

 

というタイミングで終えてきた。

 

 

辞めたいと思ったことは何度もある。

負けず嫌いや特別根性があるわけでもない。

 

ただ、「辞める」という大きな決断を自分で下してしまうより、

続ける方が格段に楽だったからだ。

 

 

やはり、何かを決断すると何かを失う覚悟でないといけないと思う。というか、多分そんなふうにできていると思っている。

 

でも、現状の平和を失うのを恐れて

何も言わなかったら

待ってるであろう、この先の楽しい出来事を失ってしまうのなあ~、、、

 

  

 

 

と、今日は人生で初めて、

「お前が覚悟をきめな始まらんで」と

言われて少しおセンチさんになってる私のぼやきでした。

 

 

私次第でこの1年、激動の年なるか、

はたまた何も変わらない平凡な年になるかが

決まると思うとぞくぞくするね。

 

週末は久しぶりに自分と向き合ってみます。

それでは。

いんすたばえについて

f:id:radical-holiday:20171105090819j:plain

先日、インスタ映えする写真がとれました。




あ、ちなみにカップルが片方ずつ手で
ハートを作っている風ですが、
自作です。両方私の手です。


この角度までこだわりぬいて
写真を撮っている間、

各所で何も話さずに
ひたすら角度を探しながら「花と私たち」を
撮りまくっている人たちに出会いました。

最近どこにドライブいってもそんな感じですよね。



いや、これが今や一つの立派な
商業コンテンツだし、
観光地に人は増えたと思うし、
いいとは思うんです。

そうは思うんですけど、やっぱり
本当にそれだけでいいの?みたいな気分にも
なっちゃう感じもありますよね。


「これと一緒に撮れば良い感じそう!」

そんな写真をとるためだけの会話、
それだけじゃなくて、

「この花の名前はなんていうんだろ」

そんな何気ない簡単な会話でもいいから
してほしいなってゆう。


インスタ映えってことばも
インスタの周りをぶんぶん飛び回る「インスタバエ」にしか見えなくなってきた、今日このごろ。



かくゆう私も、写真もとるし、
フォトジェニックな写真が嫌いじゃないんです。

なんだか、写真が目的になって、
そこから生まれるはずの会話がないのが
淋しいなってことを言いたかっただけです。


ひとつめの記事の冒頭から
わーわーいってみましたが、

でもあれ、インスタ映えする角度って
体勢きつかったり、結構大変なんですよね。

しかも、インスタ映え(笑) みたいに
世間から言われることも多々あるでしょう。

それでも彼女たちはおかまいなしに
日々撮りまくります。



そんな彼女たちのように、
流行りだろうが、なんだろうと

可愛いものは可愛い。
すきなものはすきって堂々といいたい


ということで、このひっそりこそこそ
始めたこのブログのテーマは
「すきなものをすきっていいたい」
にしました。(こじつけ)


矛盾だらけのもやもや感情を
このブログで上手く昇華させていければいいな。

宜しくお願い致します。